乙女ゲーが好きです! ときメモGSシリーズはもっと好きです!! ・・・最近、このブログが砂と柴の交換日記化してる件w

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスくんSS ~By柴犬~

柴犬によるSS初登場!!
おかげでもう、よだれ流しすぎて脱水症ですわ(^▽^;)

ありがとう!
感謝します(/□≦、)感無量!!



こほん
というわけで

主人公×クリスくん 
卒業してすぐのおはなし♪
どーぞ!!


Could you marry me?






せっかく両思いになれたのにすぐに外国へ行ってしまうなんて・・・
クリス君は明日から海外に留学してしまう。
本当はそばにいてほしい。いつでも声を聞いていたいし、ぎゅ~ってしてもらいたい。
・・・でもそれは無理なことってわかってる。
クリス君が家の仕事と学校の事とかでものすごく悩んでたの知ってるし・・・。
笑顔で送り出してあげなきゃ。
よしって小さくガッツポーズをして心の中を切り替える。
考えないようにしなきゃどんどん暗くなっちゃう。
こんな、なさけない顔してたらクリス君に心配かけちゃうだけだもんね・・・。
あわてて止まっていた手を動かし始めた。
今日はクリス君を初めてうちにご招待。
クリス君の家に比べたらと~っても小さい家だけど、家にどうぞって言ったらクリス君はめちゃくちゃ喜んでくれた。
その時のことを思い出して思わずくすくす笑ってしまった。
うん、今日はかんばって手料理をごちそうするつもり。
海外に行っちゃうんだからクリス君の好きな家庭的な日本料理、たくさん食べてもらわなきゃ。

「ごちそうさま。」
クリス君はきちんとおはしを置いて両手を合わせてぺこりと頭を下げた。
その拍子にクリス君の長い金髪がサラリとテーブルの上に落ちる。
なんだか、我が家の食卓にクリス君が座って食事をしているなんて切り絵を貼り付けたような感じですごい、違和感・・・。
「相変わらずお料理じょうずやね。おなかいっぱいたべてもうたわ~」
クリス君はにこにこしながらうんうんってうなずいている。
「ありがと。」
クリス君の家はお手伝いさんがいるんだしきっとその人のほうがお料理も上手なんだと思うけど・・・
そういうところ、クリス君らしいなぁ・・・。
クリス君ってまずい料理を食べても同じようにいったりするのかなぁ?
「ん?なぁに?なんか考えてるん?」
「えっ?」
「だって、なんかう~んって顔してた。」
「そ・・・うかなぁ・・・」
じいっと見つめてくるクリス君の視線ときれいな顔に絶えかねて思わず横を向いてしまった。
だって、女の子のわたしよりきれいな顔してるんだもの・・・。

「あかんっ!」
急に強い調子で言われてびっくりして振り返ると、両手のひらでぎゅっと顔を挟まれた。
びっくりしてクリス君を見ると青いきれいな瞳が不安げに揺れている。
「なぁ、何でも話してくれなあかん。君が何を考えてるんやろうってすご~く不安になるやんか・・・。」
「えっ?不安ってクリス君が・・・・?」
わたしが思わずつぶやくと、クリス君がはぁって思い息を吐いた。
「あんなぁ・・・・・・。」
そこで言葉を止めたままゆっくりを息を吸う。そして、息を吐き出すようにしてつぶやいた。
「・・・あんなぁホンとは今日ここに来るの怖かってん。」
「クリス君・・・?」
よくわからなくて首をかたむける。
こんなクリス君を前も見たことがある・・・。
卒業式の日あの灯台で・・・私が自信がないよって言ったあの時・・・。
顔を挟んでいた手がゆっくりとはなれる。そして私の両手をぎゅうっとつかんだ。
「僕、明日には向こうにいかなあかん・・・。なぁ・・・もしかして・・・やっぱり僕について行けへんって思ったんやないかなぁ・・・待ってられへんって思ったんやないかなぁ・・・」
びっくりして何も言えずにいると真剣でまっすぐな目がじっと私をみつめていた。
「僕は君のことが好きや。かならず君を幸せにする。君の笑顔を曇らせるようなことはっぜったいにせえへん。だから・・・・」
そう言うとクリス君はだまりこんで私の瞳の奥をのぞき込むようにしてみている。
クリス君が私と離れてしまう事をこんなに不安に思ってるなんて思いもしなかった・・・。
クリス君も私と同じように思ってくれていたなんて・・・。
「ありがとう、クリス君。」
そういってクリス君の唇にそっと口付けた。
急に恥ずかしくなって下を向くと、握られている手にさらにぎゅっと力が入った。
「・・・僕と結婚してクダサイ。」
「・・・えっ・・・・・・・・・・・・・・・・ええっ!?」
けっこんって・・・あの?けっこん?
頭の中がパニックになって口をぱくぱくさせているとクリス君が下から顔を覗き込んでくる。
「なぁ・・・ダメ・・・なん・・・?」
「「だめだなんて!そんなこと・・・あるわけ・・ない・・・」
言っているうちにどんどん顔が熱くなる。
「ほんまに!?」
クリス君のうってかわったような明るい声がきこえたけど恥ずかしすぎて顔があげられない。
「じゅうぅぅ。・・・僕の手ぇ溶けそうやわ。」
そう冗談ぽくいってクリス君が私の頬にてをあてた。
「うわ~あついなぁ。まっかっかやわ。」
「もう、クリス君てばっ!・・・もしかして・・・今の冗談だったの!?」
私がちょっと怒ったフリをしてそう言うと彼は青い目を細めて微笑んだ。
穏やかで、優しい目をしている。まるで、凪いでいる海のように。
「もちろん本気。・・・でも、こんな事いうと君を縛ってしまうことになるんやないかなぁってすごく迷った。」
「・・・なんで?私はとってもうれしかったよ・・・?」
袖をきゅっと捕まえると彼はうんってうなずいて言葉を続ける。
「僕は君のそばにおれへん。だから、君のそばにおって守ってあげることもでけへん。・・・だから、君が別の誰かに守ってもらうことになるんやったら、それもしゃあないかなぁって・・・。」
えっ・・・それって・・・
「どういうこ・・・と・・・?」
「ちがうねん!そんな顔せんどってぇな。僕が・・・・僕が君の負担になりたくなかってん。・・・でも・・・」
クリス君の瞳がどんどん真剣さをましてくる。
「やっぱり、そんなこと考えただけで・・・無理やねん。・・・誰にも渡したぁない。絶対に。・・・僕自分がこんなに独占欲が強くてやきもち焼きぃやなんて思わへんかったわ。」
何がなんだかよくわからなくなって首をかしげてクリス君を見上げる。
「つまりは、君を誰にもわたさへんってこと。」
ふふふとくリス君は微笑んだ。
「君は僕のモンや。OKもろうたしっ。」
ぎゅーっと抱きしめられて心臓がものすごい早さで音を立てる。
まるで体中が心臓になってしまったかのように。
「・・・なぁ、大学って瑛君と格君といっしょなんやろ・・?」
「あ・・・うん。千代美ちゃんともいっしょだよ。友達がいるからなんだか心強いよね。」
何で急に大学の話になったんだろうって思いながら返事を返すとはぁぁって耳元で重いため息がきこえる。
「どうしたの・・・?」
聞くと更に体を強くだきしめられる。
「ううん、なんでもないねん・・・わかってへんなぁって思っただけやねん。」
「えっ?」
最後の方はほとんど聞きとれなくて聞き返した。
「・・・あんなっ僕のこともわすれんどいてなって。」
なんだか、違う言葉だったような気がするけど・・・
言いたいことは分かるような気がした。
「忘れるわけないよ・・・きっと毎日毎日クリス君のこと考えるよ・・・。」
クリス君の体を抱きしめる手に力をこめる。
きっと毎日会いたいって思うよ・・・。今までも別に毎日会ってたわけではないけれど、これからはもっと遠くなる・・・。
目頭が熱くなって涙が零れ落ちそうになる。
だめ・・・これ以上考えたらきっと行かないでってわんわん泣いて言ってしまう。泣いたらクリス君を困らせてしまう・・・。
「・・・なぁ・・・今日、君をほんまに僕のものにしてしまっても・・・ええかなぁ・・・」
クリス君の体が熱くなっていくのが体越しに伝わってくる。二人の鼓動がどくんどくんと同じリズムを刻んでいる。
「うん・・・。」
私は静かに頷いた。






                                              By 柴犬




もう、ぐっじょぶこのうえない作品!!
ありがとう!!
柴犬!!
神www

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

砂布巾&柴犬

Author:砂布巾&柴犬
ときメモGSシリーズが
大好きすぎる一介の主腐です。
ああ・・・家事が手につかない(泣)
※砂布巾(クリスキー)→イラスト・記事管理
     手ブロでは『をとめ3号』ですが
     お好きに呼んでくださいv
※柴犬(シバスキー)→SS担当   
のヲタ友主腐2人でお送りしますw
なお、コメントや
相互リンク(コメント欄でお知らせを♪)は
大歓迎です!!
どうぞよろしく~(* ^ー゚)ノ
【バナー】200×40です♪
otomebana.jpg
otome-bana-k.jpg
sibana-.jpg
【リンク先↓】
http://tokitokimekimeki.blog60.fc2.com/

FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

参加してます! はぁ~ ポチっとな☆
カテゴリ
SS整理しました♪
別窓で開きます!
☆クリスくんSS
 親友?
 ときめき状態
 卒業後
☆事故チュー後
 瑛くん
 志波くん
 氷上くん
☆瑛くん→デイジー×若王子先生
シリーズものです♪
 【Chance~隙~】若王子先生
 【Regret~後悔~】瑛くん
 【再会後】若王子先生
 【再会後】瑛くん
最新記事
最新コメント
♪リンク(バナーあり)
いつも萌えを頂いています!!
kinkan_b_h.jpg bana1_1_p.jpg リンク用バナー。使ってください! oujiwoyumemiru.jpg tokibana2.gif ★リンク切れサイト様は削除させて いただきました。お疲れ様です★
♪こちらのリンクもよしなに♪
10/24 素敵サイト様一件追加v
このブログをリンクに追加する
♪てぶろ
♪柴犬の本棚
♪砂布巾の本棚
好きな本をコレクションしていきますv
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。